目の下のたるみを解消するのに美顔器は効果なし!?

目の下のたるみを解消するのに美顔器は効果なし!?目の下のたるみは中々一筋縄では解消でみません。家庭用美顔器の中でも目の下のたるみを取りたい時に効果的な美顔器をピックアップしました!目の下のたるみは美顔器で解消できるか効果の程はいかに!?
MENU

なぜ?目の下のたるみ解消にエステの美顔器は効果がない!?

目に下のたるみ解消に美顔機は効果ない

 

目の下のたるみを含め『シミ、しわ、ニキビ、ほうれい線、肌荒れ、むくみ』などに対する美肌効果はエステサロンで治療すれば
簡単に解消できると思っていませんか?

 

確かに、それなりの時間と費用をかけていけば当然それなりの効果を見込めるでしょう。

 

しかし、問題なのエステサロンで美肌をゲットするまでにかかる忍耐力です。

 

エステサロンといえど、通えばすぐに効果が出ると思いがちですが、現実問題はそんなことはありません。
目の下のたるみは、加齢だけではなく肌の保湿力やハリ・弾力成分の減少に加え、紫外線や活性酸素の蓄積などこれまでの様々な原因の蓄積によるものです。

 

それが、エステサロンにいくだけですぐに解消できると思いますか!?
もちろん、すぐに効果が出る方もいるでしょうし、サロン的にもそういった方の声を謳い文句や実績として掲げているのでしょう。

 

正直いうと、エステは意外と効果が現れて永続的な解消までに時間も費用もかかります。

 

しかし、エステは高額なので期待値も上がりますから、すぐに効果が現れないと継続する気がなくなってしまうのです。

 

ポピュラーなエステサロンの施術料金

1年で約平均して 290,000円~480,000円の金額がかかると言われています。
■ケース①(月2回ケアの場合)
・75分の月2回の施術として
(20,000円×月2回)×12ヶ月
= 480,000円

 

これで効果がなければ詐欺ですよ!効果があって当たり前だけど効果がでてくるまでに継続し続けられるかが問題なのです。

 

なので、目の下のたるみをはじめ様々なエイジングは原因を知り、自己ケアで最適な方法を探して実践していくほうが、賢明だといえます。

 

このサイトでは、目に下のたるみ解消に向けての正確な情報を発信していきます。

 

目の下はなぜたるむ?まずは原因を知る

目の下のたるみ解消の前にまずは、なぜ目の下のたるみが起きるのか原因を見ていきましょう。

 

眼球の下垂による眼窩脂肪の突出

眼球を支えるロックウッド靱帯が緩み、眼球が下垂します。すると眼球下部の脂肪(眼窩脂肪)が圧迫され前方に飛び出しくまやたるみとなります。

 

これは特に、毎日パソコンやスマートフォンの画面を長時間見ている方は要注意です。長時間画面を見て、まばたきの回数が減ると、目の周囲の筋肉が衰えやすいのです。

 

下まぶたの皮膚や眼輪筋などの緩み

下まぶたの皮膚、眼輪筋、眼輪隔膜などが緩み、それによって眼球下部の脂肪が前方に飛び出しくまやたるみとなります。

 

頬の皮膚のたるみ

加齢とともに頬の皮膚が下垂し扁平化することで、下まぶたのふくらみがより強調されくまやたるみとなります。

 

お肌にもともと備わるヒアルロン酸やコラーゲンなどの水分を保持する役割を果たす物質が、年齢と共に減少してしまうことによってできてしまう老化による皮膚のたるみといえます。

 

目の下の脂肪量は人により異なり、生まれつき脂肪量が多い方もいますが、目の大きい方や頬骨が張っている方は目の下のたるみやくまが生じやすい傾向にあります。

 

また、目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着がより濃く見えてしまい、目の下のくまの原因ともなります。

 

 

解消する方法

では、目の下のたるみを解消するには、どうすればよいのでしょうか。

 

目元の皮膚は顔のパーツの中でも特に薄くて敏感です。化粧による摩擦や紫外線、年齢を重ねると若い時と違って筋肉も衰えてきます。

 

また、肌の弾力を保ってくれる真皮のコラーゲンも変性してしまいます。

 

しかし、以下の2点を重点的に対策することで、憎き目の下のたるみは解消することができます。

 

  • 表情筋を鍛える
  • コラーゲンやエラスチンの生成を促す
  • 美容整形クリニックでの施術

 

 

解消法1:目の下のたるみを解消する化粧品

目の下のたるみ対策に主眼を置いた場合、基礎化粧品選びでチェックすべきは以下の成分項目になります。

 

  • セラミド
  • ビタミンc誘導体
  • レチノール
  • 抗酸化成分

 

特に重要な成分としてリン酸型ビタミンCなど、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたビタミンC誘導体は、抗酸化効果、保湿効果、美白効果があるので「しわ、たるみ対策」には欠かせない成分となります。

 

また、最新技術により、不安定なビタミンCをそのまま配合することに成功した美容液なども見られるようになってきています。

 

解消法2:表情筋を鍛えることでたるみを解消する

日頃からアイクリームや美容液で、ハリやシワをケアしていても、ある時から追いつかなくなります。
たるみは、スキンケアだけでは解決できない原因があります。

 

それは表情筋の衰えです。

 

顔には30以上の細かい筋肉があります。他の筋肉と同じく、使っていないと衰えるばかりか、こわばって動かなくなってしまいます。普段よくしている表情が歳とともに形状記憶されてしまうのです。

 

  • 頭皮にマッサージ
  • リンパマッサージ
  • エクササイズ

 

これらのことを意識して行うことで、普段使わない表情筋を柔らかくし、ハリと弾力を戻すことが重要です。

 

解消法3:美容整形クリニックでの解消法

たるみの治療として効果的なのがヒアルロン酸やボトックスの注入を始めとした施術があります。目の下の脂肪を、お顔表面を切らずに除去可能な若返り法は最近の女性のニーズ味答える形で進化を遂げています。

 

しかし値段に幅はあり、1ショット数万円ほど(トータルで施術となると数十万円になる)で効果は永久ではありません。

 

シワなどが全くない芸能人の方のような素肌を目指す方は別ですが、不自然さがでてくるのは当然。

 

金銭的に余裕のある方や、時間がない方には手っ取り早くてよいかもしれませんが、現状たるみ出来てきているということは今までの自身の生活の中でたるみを誘発する習慣があったということです。

 

美容整形で一時的に治ったとしても、根本的なケアをしないと再び同じような悩みに迷わされるでしょう。

 

自己でケアを続けながら「悩みに特化したプラスアルファのケア」を、その都度取り入れることが現実的で健康的な美容法だという観点で、あえて詳しくはご紹介しません。

 

目の下のたるみを効率的に解消するベスト1は家庭用美顔器!

最初にエステの美顔器は効果はあっても、時間と費用とのバランスが合わなく継続しにくいとありましたが、今ではそのエステの美顔器に負けないほどの効果を発揮するものが家庭用で手軽に購入できます。

 

また、今の家庭用美顔器は目的も種類も様々なものが豊富にラインナップされています。

 

イオン導入美顔機が唯一目の下のたるみに効果あり

数ある美顔機のタイプでもイオン導入タイプのものがおすすめです。

 

さらに言えば、イオン導入もしつつ、表情筋を鍛えてくれるEMS機能付きの超音波美顔機がベストです!

 

イオン導入でビタミンC誘導体などの成分を真皮に届ける

表情筋を柔らかくほぐして鍛える

 

この家庭用美顔機のケアを継続すれば、間違いなくエステンサロンに通うよりもおお手軽に継続するとこが可能なはずです!

 

目の下のたるみ 美顔機


このページの先頭へ